黄昏色の砂時計
木漏れ日差す小路を 流れる風に身をまかせながら 


プロフィール


秋月 永遠

Author:秋月 永遠
日記を書いたり
詩を書いたりと、
好きなことをし放題の
お気楽ブログです。
お暇な方は
どうぞ覗いてやって下さいませ。



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



刹那のコトダマ




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.10.24  pathos <<23:14


思い留めては無くし
刻まれては薄れゆく


常に記憶と忘却を繰り返し


流れ進んでいく時間
失われゆく記憶の中で


いつまでも煌きを放つ
残夢の一欠片


その光は褪せるどころか
今も輝きを増していく


それはきっと


戻れないからこその精彩
悲哀ゆえの悠久


変えられない宿命
終焉の時までの運命


移り変わっていく景色
定められた世界の中で


巡る満月と星屑の狭間に
また今夜も思い出す


万華鏡のように光舞い散った日々を
スポンサーサイト


No.93 / 時色、迷宮 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← Shall we dance? / Home / 秋深し、隣は居眠りする人ぞ →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。