黄昏色の砂時計
木漏れ日差す小路を 流れる風に身をまかせながら 


プロフィール


秋月 永遠

Author:秋月 永遠
日記を書いたり
詩を書いたりと、
好きなことをし放題の
お気楽ブログです。
お暇な方は
どうぞ覗いてやって下さいませ。



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



刹那のコトダマ




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.06.26  雨の囁き <<20:10


答えてあげよう
雨に響いた君の問いに

人の命は短いもの
あっという間の短い時間(とき)に
儚く消えてしまうもの

だから其れ故人間は
自身を深く思うのだろう

此処に自分が生まれた理由を
如何して自分が生きているのかを

定めの時が刻まれる前に
生命(いのち)の砂が落ちる前に

しかしそれこそ人間が
此処に この世に 現在に
生きているという真の意味

自分のことを思い
自身のことを考え歩いていくことが
君が息をし 思い 進むべき真実(まこと)なのだから


君が思う故に、君は在る
スポンサーサイト


No.76 / 謌色、銀梟 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 風の溜め息 / Home / 僕の呟き →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。