黄昏色の砂時計
木漏れ日差す小路を 流れる風に身をまかせながら 


プロフィール


秋月 永遠

Author:秋月 永遠
日記を書いたり
詩を書いたりと、
好きなことをし放題の
お気楽ブログです。
お暇な方は
どうぞ覗いてやって下さいませ。



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



刹那のコトダマ




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.05.25  闇色迷宮 <<21:20


何も見えない暗闇のなか

僕は必死に手を伸ばす

身体を取り巻く息苦しさと

どうしようもない寂しさから


開放されたい




その一心で




進むべき道はおろか

今いる場所さえ分からずに


流れているのか

止まっているのかさえ

分からない場所で



ただ ただ 僕は喘ぐ





闇の向こうの希望を信じて







けれど




何もかもをも投げ打って


たどり着いた先が



光どころか



道さえも見いだせない



そんな場所だったら


そう思うと





僕は一体何のために





手を伸ばすのだろうか

スポンサーサイト


No.66 / 闇色、悠久 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

← 心理テスト~ / Home / 国破れて山河在り、城春にして草木探し →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

No title


お久しぶりです。
この前からコメントを頂いていたのに、なかなか返事を書けなくて申し訳ございませんでした。

とても心に響く詩を、ありがとうございました。
またお暇な時にどうぞ立ち寄って下さい。


そこにあるモノが何であれ
人は何かにしがみ付いていないと
脆く儚く散っていく
不安になりながらも
蛍の光の如く淡い光でさえも
そこに期待があれば
信じたい

ただそれだけ
2008.05.27(20:38) / URL / アヤまつ / [ Edit ]


No title


この先に何があるのか
この先に辿り着いた者しか
知り得ない

この闇に終わりはあるのか
この闇を抜けた者しか
わからない

知りたいのなら 進むだけ
光 得るには 向かうだけ

出口と呼ばれる場所へ
2008.05.30(11:36) / URL / 十萌 / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。