黄昏色の砂時計
木漏れ日差す小路を 流れる風に身をまかせながら 


プロフィール


秋月 永遠

Author:秋月 永遠
日記を書いたり
詩を書いたりと、
好きなことをし放題の
お気楽ブログです。
お暇な方は
どうぞ覗いてやって下さいませ。



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



刹那のコトダマ




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2009.08.23  only <<23:04



夕暮れの陽ざしがさしこむ


黄金の部屋にひとりきり


ぼくの心のどこかおくで


ことり と


闇がおちる音がした





スポンサーサイト


No.123 / 闇色、悠久 / Comment*1 / TB*0 // PageTop▲

← 白露に濡れにぞ濡れし着綿の / Home / 夢見空 →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

こんばんは。


コメントありがとうございました。すごく嬉しかったです。
返信がかなり遅くなってしまってすみません。。

実はあの「今のその先に」は最近の中でちょっと気に入った詩です。
同じ読みで漢字を変えてみたり、ちょっとテンポにこだわってみたり…(笑)
あの詩でいろいろ感じて頂けて、幸いです(^o^)

この「only」っていう詩、素敵ですね。
5行の中にすごくいろいろなもの、感情を感じました。
辛かったこともあるのかな、とか
泣きたいようなこととかもあったのかなぁとか。

それが夕暮れの輝きで変わっていって…
すごく綺麗な詩です。

5行の詩っていうのもすごいです。
私の詩は基本的に長いので。。

何だかまとまらない感じの返事とコメントになってしまいましたが、
今夜はこの辺で失礼します。
またお時間のあるときにでもこちらにお越し下さい☆

2009.08.26(02:05) / URL / 光藤 雫 / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。