黄昏色の砂時計
木漏れ日差す小路を 流れる風に身をまかせながら 


プロフィール


秋月 永遠

Author:秋月 永遠
日記を書いたり
詩を書いたりと、
好きなことをし放題の
お気楽ブログです。
お暇な方は
どうぞ覗いてやって下さいませ。



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



刹那のコトダマ




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2009.06.09  泣いてる声を伝えるうた <<22:53


闇に灯したロウソクが
なんだか悲しく映るは
きっと私が弱いせい

何処までも続く夕空が
なんだか切なく思うのは
きっと私が脆いせい

温もりの無い空間が
涙で霞んで見えるのは
きっと私が臆病だから

一人は怖い寂しいと
心の内に泣いていても
それを外には表せない

内に秘めたる悲しみを
分かって欲しいと願っても
心の何処かが邪魔をする

本当の自分のことを
受け止めてと思うのに
さらけ出すのを恐れるの

胸の中のどろりとしたものが
今にも溢れそうなのに
私の中の心の軸が
今にも壊れそうなのに

誰も見えない公園が
どこか悲しく映るのは
きっと私が泣いているから

遠くで聞こえる笑い声が
胸にこんなに響くのは
きっと私が空っぽだから






スポンサーサイト


No.107 / あなたのうた / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 今は過ぎ去りし思い出の / Home / solace Choral →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。